スリムコーヒー

スリムコーヒーに副作用はある?成分の安全性を徹底調査!

痩せてきれいになりたい、でも厳しい運動や食事制限は続かない。

そんな人におすすめなのが、普段の食事に置き換えるだけのスリムコーヒー。

炭を配合したダイエットコーヒーで、今SNSを中心に話題となっています。

毎日飲むだけでダイエット効果があるなんて、とっても魅力的ですよね。

でも、毎日飲むものだからこそ副作用が気になりますよね。

危ない成分の入ったものは体に取り入れたくない・・・

今回は、スリムコーヒーに副作用はあるのか、どんな成分が含まれているのか、について徹底調査しました!

\ 全国どこでも送料無料 /

▲1杯あたりたったの10キロカロリー

スリムコーヒーに副作用はあるの?

副作用

体の中に取り入れるものは、どうしても副作用がないのか心配になりますよね。

そこで、スリムコーヒーの副作用について徹底調査してみました。

結論から言うと、スリムコーヒーには副作用が起きる危険性のある成分は含まれていないことが分かりました。

スリムコーヒーに含まれている成分は自然由来のものがほとんどなんです。

スリムコーヒーを飲んで副作用があった、という口コミも見つけられませんでした。

整腸作用が出過ぎる場合がある

スリムコーヒーには、胃腸の消化活動を促進させる働きのある成分が含まれています。

そのため、適量であれば問題はないのですが、1日に何杯も飲み過ぎると効果が強く出てしまうことがあります。

下痢や腹痛の原因となってしまうので、スリムコーヒーは1日1~2杯程度にしておくのがいいでしょう

アレルギーのある人は要注意

スリムコーヒーには、非常に多くの成分が配合されています。

自然由来のものが多く、ダイエット効果が期待できるものばかりですが、アレルギーを持っている人は要注意。

成分表示をしっかりと見て、該当するアレルギーの成分が含まれていないか確認してから飲むようにしましょう

スリムコーヒーにはどんな成分が含まれている?

コーヒー

スリムコーヒーの成分には自然由来のものがとても多い、ということが分かりました。

では実際にどのような成分が含まれているんでしょうか。

スリムコーヒーに含まれている全成分を以下に紹介します。

コーヒー(インド製造)、難消化性デキストリン、赤松炭末、生コーヒー豆抽出物、Lオルニチン塩酸塩、ギムネマシルペスタ末、L-カルニチンフマル酸塩、植物発酵乾燥粉末(デキストリン、植物発酵乾燥粉末)(オレンジ・キウイフルーツ・大豆・バナナ・リンゴ・ゴマ・カシューナッツを含む)、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、乳酸菌死菌体末、中鎖脂肪酸含有粉末油脂、レスペラトール含有赤ワインエキス末、ビフィズス菌末(澱粉、ビフィズス菌乾燥原末)(乳成分を含む)/植物炭末色素、L-アルギニン、ビタミンD、加工でん粉、リン酸三カルシウム

何だか聞き慣れない成分が多いですよね。

この中でも、スリムコーヒーが厳選したダイエットに効果的な8種類の成分について詳しく調べてみました。

竹炭末(チャコール)

竹炭末(チャコール)には、主に4つの働きがあります。

  1. 基礎代謝を高める効果
  2. デトックス効果
  3. 腸内環境の改善に役立つ
  4. 美肌効果

最も注目されているのがデトックス効果

炭は体内の老廃物や脂肪、油と吸着して体外に排出してくれるんです。

一度つくとなかなか落ちてくれない脂肪にも、炭は役に立ってくれるんですよ。

伊那赤松妙炭末

伊那赤松妙炭末も炭の一種で、竹炭末と同じようにデトックス効果美肌効果が期待できます。

「赤松炭」とは、赤松を炭に加工したものです。

もともと赤松に含まれている松の脂が抜けて、内部がスポンジ状になっているのが特徴です。

そのため、体内の油と吸着しやすく、デトックス効果がより高いんです。

Lアルギニン

Lアルギニンとは、アミノ酸の一種。

ダイエットには欠かせない成分で、主な働きは以下の通りです。

  1. 食欲抑制効果
  2. 脂質の代謝を促進する
  3. 疲労回復
  4. 美肌効果
  5. 免疫力向上

食欲の抑制のように、ダイエットに嬉しい効果はもちろんのこと、疲労回復や免疫力向上など、体の内側から改善が期待できる効果が含まれているのがいいですよね。

グリーンコーヒー豆エキス(クロロゲン酸)

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、コーヒーやジャガイモに多く含まれています。

ダイエットに嬉しい効果は以下の通り。

  1. 脂肪の分解吸収を抑える働き
  2. 血糖値の上昇を抑制する効果
  3. アンチエイジング効果

Lオルニチン塩酸塩

Lオルニチン塩酸塩はアミノ酸の一種で、主に成長ホルモンの分泌を高める働きがあります。

その結果、疲労回復睡眠の質の向上が期待できます。

健康に痩せられる体を作ってくれる大事な成分の1つです。

ギムネマ末

ギムネマはハーブの一種です。

食事と一緒に取ることで、糖分の吸収を抑えて血糖値が上昇するのを防いでくれます

血糖値が上昇すると、脂肪を蓄えやすくなってしまうので、このギムネマの働きはダイエットに必要不可欠なんです。

Lカルニチンフマル酸塩

Lカルニチンフマル酸塩は、人の腎臓や肝臓で合成されるアミノ酸ペプチドと言われる栄養素です。

この成分は、脂肪の燃焼を促進してくれるので、体内に脂肪をため込みにくい体づくりを手伝ってくれますよ。

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは、食物繊維を補うためにトウモロコシのデンプンから作られたものです。

主な働きは以下の通り。

  1. 食後の血糖値の上昇を抑制する
  2. 整腸作用
  3. 脂肪を吸収しにくくする
  4. 内臓脂肪を減らす働き
  5. ミネラルの吸収を促進する

脂肪や糖の吸収を抑え、余分なものは排出する手助けをしてくれます。

まさにダイエッター向きの成分なんです。

「スリムコーヒーの副作用や成分」まとめ

今回は、スリムコーヒーの副作用や成分について調査しました。

スリムコーヒーに含まれている成分は自然由来のものばかりなので、安心して飲めそうですね。

ただし、飲み過ぎやアレルギーのある人は要注意。

毎日適量を守って、スリムコーヒーできれいな体を手に入れましょう!

▼初回は半額の1980円(税抜)▼

スリムコーヒー

/ いつでも解約できる! \

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。