プルーストクリーム

プルーストクリームに副作用はある?配合されている成分を徹底調査!

プルーストクリーム

圧倒的無臭を実現してくれるデオドラントクリームの「プルーストクリーム」。

ワキガの原因となる菌を減らしてくれる殺菌力と、においの原因となる汗を抑えてくれる制汗力を兼ね備えていて、SNSを中心に話題になっています。

また、その持続力は72時間もあるので、長時間の外出でもにおいが気にならないんです。

そんな効果があるクリームなら試してみたいですよね。

しかし、効果のあるクリームだからこそ成分や副作用が気になりませんか?

今回は、プルーストクリームに副作用はあるのか徹底調査しました!

どんな成分が含まれているのかも合わせて紹介します。

\180日間の全額返金保証付き/

プルーストクリーム

▲初回は配送手数料無料でお届け▲

プルーストクリームに副作用はあるの?

疑問

直接肌に塗るものだし、症状が気になる部分に塗るので副作用がないのか気になりますよね。

結論から言うと、プルーストクリームを使って肌に副作用が出る、ということはないようです

毎日使用しても問題がないように、商品化する前にしっかりと安全確認が行われているんです。

また、合成色素や香料、紫外線吸収剤、エタノールなどの肌に刺激がある成分を一切配合していません

敏感肌の人でも安心して使える処方となっています。

プルーストクリームの正しい使い方を紹介!

副作用とは、

副次的あるいは望ましくない作用のこと。

医薬品の使用、あるいは医療的処置に伴って生じた、治療者や患者が望んでいない作用全般のことである。(「副作用」と対比して、治療目的にかなった作用、治療者が本来望んでいた作用のほうは「主作用」や「薬効」と呼ぶ。)。

引用元:Wikipedia

プルーストクリームの成分は?

ワキ

プルーストクリームには副作用はないということが分かりましたね。

しかし、ワキガに効果があるクリームなので、作用の強い成分が含まれているのではないかと気になります。

以下にプルーストクリームの全成分を紹介します。

【有効成分】 クロルヒドロキシアルミニウム、イソプロピルメチルフェノール 【その他成分】 水、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、イソノナン酸イソノニル、l-メントール、ポリ(オキシエチレン・オキシプロピレン)メチルポリシロキサン共重合体、デカメチルシクロペンタシロキサン、メチルポリシロキサン、メチルフェニルポリシロキサン、ポリアクリル酸アルキル、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、天然ビタミンE、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール、パラベン

すべて安全な原料で、危険性のある成分は含まれていませんでした

プルーストクリームは医薬部外品なので、クロルヒドロキシアルミニウムとイソプロピルメチルフェノールという有効成分が含まれています。

この有効成分について調べてみました!

成分表は配合量が高い順番から書かれています。

クロルヒドロキシアルミニウム

クロルヒドロキシアルミニウムとは、アルミニウムの塩化物を電解して得られる成分のこと。

汗のような水分と引っ付きやすい性質を持っているため、汗を出にくくする効果があります。

また、肌の毛穴や汗腺を締める働きもあるので、制汗剤にぴったりの成分なんです。

ワキガの原因は、皮膚表面の細菌と汗が混ざって酸化することだと言われています。

その原因の1つである汗をブロックしてくれる成分なんですね。

イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールは、ワキガの原因のもう1つである皮膚の細菌に対して働く有効成分です。

皮膚の表面に発生しているにおいの元である細菌を殺菌してくれるんです。

アクネ菌にも効果的で、ニキビ予防の洗顔料などにも使われています。

顔にも使用できるほど安全な成分であるというのが特徴で、臨床試験で肌にアレルギーが出たという例はこれまでに報告されていないんですよ。

以上の2つの有効成分がワキガの原因である汗と細菌にしっかりと働いてくれるので、根本からワキガを対策することができます

まとめ

いかがでしたか?

今回はプルーストクリームの副作用について調査しました。

肌に刺激のある成分は一切含まれていません。

医薬部外品だからこそ配合できる有効成分も、安全でワキガに効果的なもの。

それなら安心して毎日使えそうですよね。

初回は定価の86%OFFの980円(税込)、とってもお得に購入できるチャンスです!

あなたもプルーストクリームを試してみませんか?

\安心して使える医薬部外品

プルーストクリーム

現役医師一押しのデオドラントクリーム▲

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。