食材

いちごの食べ過ぎは肌荒れの原因?副作用を紹介!

いちごは甘くてカロリーも低いのでダイエット食としても人気の食べ物ですよね!

ですが、いちごの食べ過ぎは肌荒れを起こしたり腹痛を起こしたりする人が多いです。

いちごの食べ過ぎで肌荒れや腹痛を起こす人がいるのでしょうか?

今回は、いちごの食べ過ぎで起こる肌荒れや副作用について調査しました!

ぜひ参考にしてみてください♪

いちごの食べ過ぎは肌荒れの原因?

結論から申しますと、いちごの食べ過ぎにより肌荒れは起こります!

原因はいちごに含まれている「ミネラル」です。

ミネラルを摂りすぎてしまうと、体が冷えてしまい新陳代謝を落としてしまいます

新陳代謝が悪い状態で過ごし続けると、肌荒れだけでなくくすみの原因にもなってしまうので注意しましょう!

それじゃぁ、いちごは1日何個までだったら食べていいの?

何個でも食べれちゃういちごですが、1日1パックまでにしておくのが安心です。

あくまでも目安ですので、1パックでも肌荒れをしてしまう場合は量を調整したり対策を後々ご紹介するので試してみましょう

食べ過ぎを防ぐ方法もお伝えしますよ♪

いちごの食べ過ぎが起こす他の副作用!

いちごの食べ過ぎによる副作用は肌荒れだけではありません。

いちごを食べ過ぎることで体が冷えてしまうと、他にも嫌~な副作用が起きてしまいます!

どんな副作用があるのか調査してみました!

腹痛・下痢

いちごには体を冷やしてしまう「ミネラル」のほかに「キシリトール」という成分があります。

キシリトールはガムなどにも含まれている成分で、大量に食べるとお腹を緩くしてしまいます。

なのでいちごを食べ過ぎてしまうとキシリトールを過剰に摂取してしまい、腹痛や下痢を起こす原因になります。

胃腸が弱い人お腹を下しやすい人は特に注意が必要よ!

頻繁な尿意

いちごは約90%水分でできているので、大量に食べる=水分を大量に摂取していることになります。

水分を大量に飲んだら誰でもトイレに行きたくなりますよね・・・。

さらにいちごには「カリウム」という高血圧予防になる成分が含まれています!

カリウムは体の余分な塩分を尿と一緒に出すという役目があります。

カリウムのおかげでむくみ解消高血圧予防をしてくれますが、同時に利尿作用もあるので食べ過ぎはやめておきましょう!

いちご狩りなどに行くときはトイレの場所を確認し、事前に行くようにしましょう!※万が一の時に焦らなくて済みますよ♪

おならが出やすくなる

人前でおならが出てしまうのはとても恥ずかしいですよね・・・。

いちごを食べ過ぎてしまうとおならが出やすくなってしまいます。

その原因はビタミンCでもある「アスコルビン酸」です。

アスコルビン酸を体内で分解するとおならの原因である炭酸ガスが発生します。

おならを我慢してしまうとお腹が張って苦しくなったり痛くなったりするので、人に会う前にいちごを食べ過ぎるのは控えましょう!

体の冷えやすい人は要注意!

いちごの食べ過ぎは体を冷やしてしまうと上記で説明しましたが、そのため体の冷えやすい人は要注意です。

冷え性の方などがいちごを食べ過ぎてしまうと、1パック以下でも肌荒れや腹痛を起こしてしまう可能性があります。

いちごを食べるときは以下で説明している方法と一緒に食べるのがおすすめですよ♪

妊婦・子どもは要注意!

消化する力が弱い子どもにとっていちごの食べ過ぎはすぐにお腹を壊してしまいます。

特に1~2歳の子は大人よりも胃が弱いので1パック以下にしておくのが安心です!

さらに、いちごの食べ過ぎは妊婦さんも注意が必要です!

冷え性じゃない妊婦さんでもダメなの?

妊婦さんにとって冷えは大敵です。

ホルモンバランスが崩れている妊婦さんは冷えやすくなっています。

さらにいちごの食べ過ぎで体を冷やしてしまうと、お腹が張りやすくなったりむくんでしまったりしてしまうので注意しましょう!

いちごの食べ過ぎは肌荒れに繋がる

甘くて低カロリーなので女性の味方のようないちごですが、食べ過ぎてしまうことで女性の敵にもなってしまいます。

適量を守って食べれば、肌荒れも腹痛も起こさないのでぜひ食べ過ぎ防止方法などを試してみてくださいね♪

特に!子ども妊婦さん副作用を受けやすいので気を付けましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。