ベルスキニー

ベルスキニーの副作用は?肌荒れや腰痛になる原因は何?

ベルスキニー

夕方になると足がむくんでパンパンになる・・・

お尻がたるんできてタイトなパンツが履けない・・・

そんな下半身の悩みはありませんか?

痩せようと思っても、下半身の部分痩せってなかなか難しいですよね。

そこでおすすめなのが着圧レギンスの「ベルスキニー」。

履くだけで瞬間補正、ウエスト周りまでサポートしてくれるので理想の体型に近づくことができます。

でも着圧レギンスって体を締め付けるから副作用がないのか心配。

今回はベルスキニーに副作用はあるのか、について徹底調査しました!

副作用を防ぐための方法も紹介します!

セット購入で最大5,500円お得

▲履くだけでスタイルアップ!▲

ベルスキニーに副作用はある?

疑問

ベルスキニーを着用することで副作用はあるんでしょうか?

調べてみたところ、副作用が起こる可能性はとっても低いと言えます。

しかし、もともと敏感肌の人や着用方法やサイズを間違えていると副作用が起こることもあります

ベルスキニーを履いていて起こる可能性がある副作用について紹介します。

副作用①かゆみ

かゆみが出る原因の多くは血の流れが悪くなってしまうためです。

サイズがきつすぎる場合に足の血流が悪くなることがあるんです。

また、ベルスキニー自体が少し固い生地なので、肌に合わない場合にはかゆみが出てくることがあります。

副作用➁肌荒れ

肌荒れの症状は、汗をかきやすい夏場や激しい運動を行った場合に表れやすいです。

一度汗で濡れた着圧レギンスをそのまま履いていると、汗によってかぶれてしまうことがあります。

また、激しい運動を行うと生地との摩擦で肌がこすれてしまいます。

生地の素材は多くがナイロンからできているので、化学繊維にアレルギーがある人も要注意

副作用③腰痛

この着圧レギンスは骨盤のゆがみをケアするために、骨盤周りに360度適度な圧力がかかるようになっています。

しかし、小さすぎるサイズのものを履いていて骨盤周りの加圧がきつすぎる場合、長時間履いていると腰に負担がかかってしまいます

その結果として腰痛を引き起こしてしまうようです。

ベルスキニーの副作用を防ぐには?

ひらめき

ベルスキニーを履いて副作用が起こることはほとんどありませんが、敏感肌の人やアレルギー持ちの人は注意が必要です。

そうでない人も、誤った方法で着用していると副作用が起こる可能性があります。

そこで、副作用を防ぐために気を付けるべき点を紹介します。

自分に合ったサイズを選ぶ

ベルスキニー

着圧レギンスは自分に合ったサイズを選ばないと正しい効果が得られません。

特にサイズが小さすぎる場合は副作用を引き起こしやすいんです。

ダイエットのために、と小さいサイズを選ぶと体に負担がかかってしまいます。

ウエストや太ももなど、自分のサイズを測ってから商品を選びましょう。

履いたら必ず洗濯する

これは着圧レギンスに関わらずですが、一度着用したものは必ず洗うようにしましょう

汗をかいたままのレギンスを履いていると雑菌の繁殖につながり、かゆみや肌荒れの症状が出てきます。

ベルスキニーは洗濯ネットに入れれば洗濯機で洗うことができます

乾燥器を使うと縮んでしまうので、乾燥器の使用は控えましょう。

ベルスキニーの正しい履き方は?

ベルスキニーの素材は?

疑問

ベルスキニーは以下の素材から作られています。

ナイロン95%、ポリウレタン5%

この商品は通気性に優れているので、運動中の着用でも快適です。

空調の効いた室内の冷えにも対応できるので、季節を問わず着用することができます。

また、長時間履いているときになるのがにおいや蒸れですよね。

しかし、この生地には抗菌防臭加工がされているので、長時間着用しても爽やかさが持続しますよ。

ベルスキニーの副作用まとめ

いかがでしたか?

今回は、ベルスキニーの副作用について調査しました。

副作用の心配はほとんどありませんが、履き方やサイズの選び方を間違っていると副作用が出ることもあります。

また、化学繊維のアレルギー持ちの人や、敏感肌の人は注意しましょう。

生地は長時間履いても蒸れにくく、抗菌防臭加工もされています。

あなたも早速ベルスキニーで下半身ケアを始めませんか?

\最安値で買うならここ/

最大5,500円お得に買える

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。