アスハダ

アスハダ(ASHADA)に副作用や危険性はあるのか調査!

アスハダ(ASHADA)は成長因子を増やす効果が高いと様々な業界で話題になった商品です!

今回はそんなアスハダ(ASHADA)には副作用などがあるのかを詳しく調べました!

アスハダ(ASHADA)を使用する前に副作用や危険性が気になる方は是非チェックしてみてください!

アスハダ(ASHADA)の副作用や危険性はどうなの?

気になるアスハダ(ASHADA)に配合される成分ですが、全成分を紹介した記事があるので良ければ併せて見てみてください!

>>アスハダ(ASHADA)の全成分!凄さの秘密を徹底暴露!

アスハダ(ASHADA)は添加物を一切使用していない化粧品になっています!

無添加なので敏感肌の方にも安心して使える商品になっています。

しかし、副作用が絶対にないと言い切ることが出来ません。

肌に影響を出してしまいそうな成分としては、ペンチレングリコール、フェノキシエタノールの2つが挙げられます。

この2つの成分は防腐剤と言われているもので、商品の腐敗を遅らせ、腐りにくくするという役割を担っています。

アスハダ(ASHADA)は無添加の化粧品になっているので防腐剤は品質を守るためには必須の成分になっています。

防腐剤は配合量によっては肌に刺激を与えてしまうために厚生労働省で適切な配合量は決められています。

アスハダ(ASHADA)は防腐剤の配合量は厚生労働省の配合基準をしっかりと満たしているので、安全な商品です!

そんなアスハダ(ASHADA)ですが、使用してみて万が一肌に合わないなと感じた方には商品の返品と共に返金制度が設けられています!

万が一肌に合わなかったときのことを考えると返金制度はとても安心して購入できる制度ですよね♪

返金制度を利用する場合は決められたコースや解約手続きがあるので注意してくださいね!

・アスハダ(ASHADA)は添加物不使用の商品!

・防腐剤の配合量は厚生労働省の配合基準を満たしていて安全

・万が一肌に合わない場合は返金制度もあり。

アスハダ(ASHADA)で感じた副作用は?

ここからはアスハダ(ASHADA)を使用して副作用があったと感じた方の口コミを紹介していきます!

アスハダを使用して2日ほどで肌が赤くなったが使用しているうちに赤くならなくなったので継続して使っている
使用した次の日に赤くかゆみも出てきたので使用を中止した
副作用を感じた口コミ
  • 赤くなったが継続して使用すると収まった。
  • 赤くなりかゆみも出たので使用を中止した。

アスハダ(ASHADA)に配合されるGDF-11

アスハダ(ASHADA)には世界初の若返り因子と呼ばれている『GDF-11』が配合されています!

『GDF-11』や成長因子は細胞レベルで活性化させるため、肌のターンオーバーを促進する働きがあります。

ターンオーバーが促進されることで肌は刺激を受け、肌が赤くなるという反応を出すことがあります!

この場合はしばらく使い続けることで肌が刺激に慣れてきて赤みが出なくなります。

ただ、しばらくして赤みやかゆみが続くようであれば肌に合わないことが原因の場合があるので使用を中断してください。

まとめ

今回はアスハダには副作用があるかを調査してみました!

いかがでしたか?

自分の肌にアスハダ(ASHADA)が合うかどうか不安で購入を悩んでいる方も、アスハダ(ASHADA)には返金保証制度があるので一度公式サイトでチェックしてみてください!

今だけ初回1980円!!

ハーバード大で発表された!

若返り因子GDF-11入り♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。